Skip to content

専業主婦がカードローンを利用するのは難しい?

専業主婦がキャッシングを利用できないのは総量規制があるためです。総量規制とは、年収の3分の1までの融資を許可する規定で、消費者金融やクレジットカードなどの賃金業者が対象となっています。これがあるので収入がないと誰であっても融資を受けることはできません。しかし賃金業者ではない銀行では総量規制の対象にはなりません。そのため、専業主婦でもカードローン審査を利用できるチャンスが少なからずあるということです。しかしそれには条件があります。
専業主婦がカードローンを利用できるのは、配偶者に安定した収入があるという条件を満たしている場合のみです。そのため、専業主婦へカードローンを提供している銀行では、それを証明するために配偶者の収入証明書と配偶者の同意書の提出を条件として提示しています。場合によっては収入証明書や同意書が不要となっているところもあり、家族に内緒で借りることも可能です。ただ融資額は最高で30万円ほどで、金利も最高金利が適応されます。何より一番のネックなのは、専業主婦を対象としているカードローンが非常に少ないということです。ほとんどの場合は主婦本人に安定した収入がなければカードローンを利用することはできません。
収入もなく、利用できる場所が少ないため、悪徳業者、ヤミ金、非合法な手段に手を出してしまう専業主婦は少なくありません。しかしそういったものを利用しても、解決にはならないどころか大変な思いをするだけです。経済的にやりくりが難しいのなら、家族全員で問題を解決できるよう話し合うことが大切です。また何らかの形で支援してもらえないか、役所などに相談するのも良いでしょう。
カードローンはうまく活用できれば便利ではありますが、借金であることに変わりありません。できるなら利用しなくてもいいように、家計を見直し、無駄な出費を減らしていき、カードローンの利用は最終手段として残して起きましょう。なによりひとりで悩まず、家族や友人など信頼できる人に相談しましょう。

関連記事

Comments are closed.